引越し見積もり無料相談室のトップ

引越し見積もりが大きく変化

2017年。
引越し見積もりは「たまたま格安便」狙いが超お得(^^)/

引越し業界に何が起こっているのか少しだけ現状に触れます。
引越し見積もりのポイントや引越し業者自体が大きく変わっています。


東京や大阪など都市部では
古い体質の引越し業者さんは2017年に入ってから厳しい状況が続いています。もう生き残れないかもしれません。それほど「引越し見積もりの変化」は引越し業界にとって厳しいものになっています。

 

古い考えの引越し業者はアウト

 

土日や祝日でも引越し見積もり金額を

変更しない業者が徐々に増えています。

 

アート引越しセンターさんも定休日を設定しようという動きもあります。いろいろ流れが変わってきていますので、引越し見積もりの取り方に注意して下さい。

利用者の足元を見るといいますか、「営業マンの営業力で」どうにかしてやろうというような、古い体質の会社はもう勝てない時代といえるでしょう。引越しはスマートに。引越し見積もりはストレスフリーで。

 

信じられませんがいまだに

いま契約してくれたら見積もりを半額にします!

訪問見積もりで粘る(笑)

ダンボールをキャンセル防止で置き去りに...などなど。

こういうことをやっている引越し業者さんもあるようです。何時代の人なんでしょうか(笑)そんなことしても今の情報化社会のお客様に通用するわけがないことに気づいていません。

 

引越し一括見積もりサイトについて

昔と違い、すさまじい勢いがあり(2,000万件の利用者突破)、見積もりの価格競争や比較競争が激化しています。一括見積もりサイトは鬼のように電話攻撃を受けるから嫌だと思われているかもしれませんが、そもそも「電話番号入力」を必要としない見積もりサイトも出てきており、昔とはまったく違う時代になったと言えますのでご注意ください。

当サイトは引越しの一括見積もりサイトを勧めているわけではありません。でも本当に時代が変わってしまったので、利用者様にとって「有益なもの」であれば利用しない理由はないんじゃないかなという感じです。

たとえば
鬼のような電話攻撃を受けることはありません。そもそも「電話番号入力」を必要としない引越し見積もりサイトは こちら

たとえば
面倒な引越しの荷物情報の入力などが必要ありません。過去例のデーターベースからおよその金額を算出してくれる引越し見積もりサイトはこちら

 

格安の引越し見積もりをゲットする方法も大きく変化し、古い情報のままでは格安の引越し見積もりを手にするのは難しい状況となりました。

 

当サイトでは
単身引越しからファミリー引越しまで、タイプ別に最新の引越し見積もり情報をお届けしています。


引越し見積もり無料相談室

当サイトを活用し「楽しい引越し&格安引越し」をゲットしてください(^^)/

 

 

4タイプ別の案内
  • 単身引越し格安のコツ

    安い単身引越し・格安業者の選び方

    単身引越しアドバイス

  • 二人暮らし引越し格安のコツ

    新婚さん程度の格安引越し業者の選び方

    二人暮らし引越しアドバイス

  • ファミリー引越し格安のコツ

    ファミリー引越しの格安業者の選び方

    ファミリー引越しアドバイス

  • 自分(自力引越し)応援

    自力引越しアドバイス!冷蔵庫・洗濯機

    自分引っ越し応援

お得な情報!

一覧


引越に伴う○○!

一覧