引越し見積もり無料相談室のトップ

引越し見積もりが大きく変化

2018年。
4月の引越し見積もりはぜんぜん高くないのでご安心ください。ただヒマではないので引越し希望日が限定されている人は早めの見積もり依頼をしてください。


引越し見積もりは「たまたま格安便」狙いが安いので、このサイトを参考になり、格安の引越し見積もりをゲットしていただければ嬉しいです(^^)/

引越し見積もりはどの業者が安いのか?

昔にくらべ引越し業界は大きく変化しました。

古い考えのまま「取り残されている引越し会社」と柔軟に対応している会社。
2018年の引越し見積もりのポイントを詳しく紹介します。「引越し見積もり金額」に大きく差がでるので、ぜひお時間あるときに参考にしてください。


東京や大阪など都市部では
古い体質の引越し業者さんは2017年ごろから厳しい状況が続いています。もう生き残れないかもしれません。それほど「引越し見積もりの変化」は引越し業界にとって厳しいものになっています。

 

古い考えの引越し業者はアウト

 

実は2018年に入り、土日や祝日または3月の繁忙期でも、引越し「見積もり金額」を変更しない業者が徐々に増えています。

アート引越しセンターさんも定休日を設定しようという動きもあります。引越し業界はいろいろ流れが変わってきていますので、引越し見積もりの取り方に注意して下さい。

利用者の足元を見るといいますか、「営業マンの営業力で」どうにかしてやろうというような、古い体質の会社はもう勝てない時代といえるでしょう。引越しはスマートに。引越し見積もりはストレスフリーで。

 

信じられませんがいまだに

いま契約してくれたら見積もりを半額にします!

訪問見積もりで粘る(笑)

ダンボールをキャンセル防止で置き去りに...などなど。

こういうことをやっている引越し業者さんもあるようです。何時代の人なんでしょうか(笑)そんなことしても今の情報化社会のお客様に通用するわけがないことに気づいていません。

引越し見積もりに大差が

昔とは大きく事情が変わっています。注意してください。
たとえば引越し一括見積もりサイト。

引越し会社は、お客様が一括見積もりサイトを利用していないことがわかると「足元をみてくる業者が多いという現実」だけ注意してください。

2017年ごろから「引越し一括見積もりサイト」を利用する人が圧倒的に多くなった現実があり、引越し会社は利用されると安くするしかなくなってしまいました(相見積もりが確定なので)。利用していない人からは高めに取ってやろう的な感じです。

つまり、引越し見積もりサイトを利用しているというだけで、強烈な「けん制」になります。(引越し会社さんは、お客様が一括見積もりサイトを使っているかどうかわかります)

そういう意味では使ったほうが賢いといえます。

 

お時間がない方のために安心できる見積もりサイトを2社だけ紹介しておきます。 ↓
【営業電話が嫌な方へ】
-そもそも「電話番号入力」を必要としないので、営業電話がかかってこないです。→ 見積もりこちら

【荷物入力が面倒な方へ】
-面倒な荷物情報の入力が必要ありません。過去例のデーターベースからおよその金額を算出してくれる引越し見積もりサイトは→ 見積もりこちら

コロコロしながらたまたま格安便ゲット

格安の引越し見積もりをゲットする方法も大きく変化し、古い情報のままでは格安の引越し見積もりを手にするのは難しい状況となりました。

 

当サイトでは
単身引越しからファミリー引越しまで、タイプ別に最新の引越し見積もり情報をお届けしています。


引越し見積もり無料相談室

単身引越し、二人暮らし程度の引越し、ファミリー引越し、自分で引越しの4パターンにわけて、格安引越し見積もりをゲットするアドバイスを行っています。

当サイトを活用し「楽しい引越し&格安引越し」をゲットしてください(^^)/

 

 

4タイプ別の案内
  • 単身引越し格安のコツ

    安い単身引越し・格安業者の選び方

    単身引越しアドバイス

  • 二人暮らし引越し格安のコツ

    新婚さん程度の格安引越し業者の選び方

    二人暮らし引越しアドバイス

  • ファミリー引越し格安のコツ

    ファミリー引越しの格安業者の選び方

    ファミリー引越しアドバイス

  • 自分(自力引越し)応援

    自力引越しアドバイス!冷蔵庫・洗濯機

    自分引っ越し応援

お得な情報!

一覧


引越に伴う○○!

一覧