3月繁忙期の引越しが変化

2017年

 

今年の3月4月(繁忙期)の引越しはおおきな変化があります!

ただ繁忙期の引越しを
経験したことがない初めての人のために少しだけ状況をお話します。

 

3月4月は卒業や入学・就職や転勤など一斉に人が動きます。まさに一斉にです。

 

なので毎年
引越し業界がパンクしております。

 

引越し難民といいまして
本当に引越しが出来ない人が出てしまいます。総務省もこのことは大きな問題として把握しており動向をチェックしています。

 

まず大手企業を中心に
その状況を理解している会社は、法人契約で一定数を年内にすでに確保しています。

 

また一度でも
繁忙期の引越しを経験して、悲惨さを知っている個人の人も、やはり年内(12月)にはすでに予約を入れています。

 

2017年。
今年なら3月18日から4月3日までのお引っ越しは本当に注意してください。

 

料金どうのこうのより予約がとれません。
このサイトをたまたま見て頂けたならどうぞお早めに見積もり予約を済ませてください。

 

ただし
昨年から少しずつ目立ち始めたのですが、引越し業界におおきな変化が表れています。昨年までの繁忙期料金の相場は、通常の2倍から3倍ぐらいでした。

 

でも昨年あたりから徐々に
通常料金で対応し始めた引越し業者さんが、少なからず出現しています。これは本当に大きな変化です。

 

同じ引越しをするなら
繁忙期料金の設定がない引越し業者さんで、是が非でも見積もりを取りたいものです。まったく見積もり金額が違いますので。

 

 

3月はがっつり見積もりを


 

繁忙期料金を設定しない業者さんが
ぽつぽつ現れた始めたというのは、すごいことなのですが数はまだまだ少ないです。

 

3月の引越しは本当に高いです

ここはひとつ
恥も外聞も捨てて、なりふり構わず見積もりを集めることを強くお勧めします。

 

引越し業者に数社連絡するというより、一括見積もりサイトを数社利用する人もいます。2月の段階で見積もりはピークに達します。

 

一括見積もりサイトは利用者が2,000万件を超え、中身もすさまじい勢いで成長しています。繁忙期料金を設定していない業者さんの発見は、数打てば当たる戦法で乗り切ってください(^^)/

 

 

2017年のおすすめは

 

下記にご案内していますが
通常であれば引越し業者さんの「得意なタイプの引越し」を無視しないほうがいいです。

 

 

★ でも
3月の繁忙期に関してだけは

下の中で使っていないサイトがある

見積もり金額に納得していない

単身引越しのたまたま便

 

この2点の場合に限り
タイプを無視して利用してみてください

 

繁忙期だけのお話です
※3月4月以外はタイプ無視することは無意味です。

 

ダブってもかまいません。
3月4月に関しては何社に見積もり依頼を出すか、ではなく一括見積もりサイトを何社使うか?

そんな戦いです。

3月のピーク時の引越しは本当に熾烈を極めます。
繁忙期料金を設定していない業者さんは劇的に安いので、ぜひ見つけて気持ちよく楽しい引越しを実現してください!

 

※もちろん
まだ「一括見積もりサイト」を利用していない場合はタイプを無視する必要はありません。単身なら単身引越しが安い業者さんが集まっているサイトを最優先でご利用ください。

 

利用してダメだった人は3月4月の繁忙期に関してだけは無視して、2社目3社目の一括見積もりサイトを利用してみてください。

 

 

 

本来は単身引越しが得意なサイトです。
単身引越しの見積もりで納得できていない人はまずこちらを使ってみてください。

ファミリーや二人暮らし程度の引越しの人で
見積もりはすでに他社で取ったけど、納得できていない人は3月4月の繁忙期シーズンだけはタイプ無視して大丈夫です。タイプより繁忙期料金を設定していない業者にめぐり合うことが先決です。こちらを使ってみてください。

↓↓↓

 

 

本来は二人暮らし程度の引越しが得意なサイトです。
二人暮らしタイプの引越し見積もりで納得できていない人はまずこちらを使ってみてください。

単身やファミリー引越しの人で
見積もりはすでに他社で取ったけど、納得できていない人は3月4月の繁忙期シーズンだけはタイプ無視して大丈夫です。タイプより繁忙期料金を設定していない業者にめぐり合うことが先決です。こちらを使ってみてください。

↓↓↓

 

 

本来はファミリータイプが得意なサイトです。
ファミリータイプの引越し見積もりで納得できていない人はまずこちらを使ってみてください。

単身や二人暮らし程度の引越しの人で
見積もりはすでに他社で取ったけど、納得できていない人は3月4月の繁忙期シーズンだけはタイプ無視して大丈夫です。タイプより繁忙期料金を設定していない業者にめぐり合うことが先決です。こちらを使ってみてください。

↓↓↓