引越し見積もり無料相談室のトップ

不用品回収(買取り・無料処分)

不用品の処分や回収・ゴミ処分について最安値処分方法をご紹介します。

 

引越しに伴う不用品処分ですが
いきなり 「不用品回収」業者に回収依頼をすると大損するケースが多いです( ゚Д゚)くわっ

特に大阪や東京など都市部での不用品回収には注意してください。

下記の1から6のフローで進めば
「適正かつ最安値」で不用品処分が可能なので参考にしてください

 

※このページの注意点


東京や大阪などの大都市では
不用品回収についての情報が多いかもしれませんが「情報が少ない」エリアの人もたくさんいますので、全国展開している業者さんのみ、サイト内で一例として数社紹介しています。

 

でも紹介している業者さんが
「高い安い」における最高だといっているわけではありませんので、その点だけご注意ください。

 

当サイトが発信している最安値の処分方法とは
1から6のフローを守ること自体を差しています。

 

 

「産業廃棄物の許可」を持っていることをアピールしている「不用品回収の業者」がありますが、一般家庭から出たゴミを「収集運搬・保管」することはできません。

引越しに伴う不用品をゴミとして回収できるのは一般廃棄物処理の許可業者さんだけです。

 

 


不用品処分 6つのフロー


 

 


ファーストコンタクトは


★不用品回収業者はダメ

 

まずは「家具・家電の買い取り専門店(ショップ)」さんなどで、不用品を買い取ってもらえないかを相談されてください。

買取り専門店というのがポイントです。

 

不用品回収業者と
リサイクルショップを混同されないでください

 

不用品処分と、リサイクル品(売れるもの)をまとめて1社に頼もうとすると失敗するケースが多いです。

とりあえず「売れるものだけを売る」ことに専念してください。

不用品回収業者はなんとか手数料をとろうとする業者が少なくありません。

 

東京や大阪など大都市ではショップさんも多くあり情報に困らないかと思いますが、情報が少ない地域もありますので、全国展開の「買い取り専門店」2社をご紹介しておきます。

★パソコン買取り&無料回収» ライズマーク


★引越し時のあれこれ» スピード買取.jp

 

 


買取りが無理なら


★注目の海外リユース

 

買取りが無理だった場合
諦めないで、海外リユース会社さんを探してみてください。

 

海外リユースとは
日本のリサイクルショップさんでは買取が無理といわれた商品でも、発展途上国の外国などで「直して使えるようにする」流通業者さんのことです。

 

壊れた冷蔵庫や古い冷蔵庫・動かない洗濯機・テレビ・レンジ・家電製品。動かなくても古くてもまずはゴミと決めないで海外リユースできないか検討してみてください。

 

ネットで調べる場合
「リサイクルや不用品、買い取り」などのキーワードで調べるんじゃなくて、「リユース・海外輸出・冷蔵庫・家具・服」などのワードで検索してみてください。

 

例えば

★家電のリユース» 浜屋さん。

 

 

買い取りできないノーブランドの服・ボロボロにやぶれている服なども気にせず「布・ウェス」としてリユースできるところもあります。

ただし表面上だけ「海外リユース」を装っている「偽装リユース会社」も多いので、注意してください。

上記の 浜屋さんは全国展開(埼玉本社)していて、行政とも取引のある信頼できる海外リユース業者さんです。ただし浜屋さんは冷蔵庫や洗濯機など家電専門のリユース会社さんです。

 

 


海外リユースが無理なら


★家電は大手電機ショップへ

 

海外リユースが無理だった場合は
ゴミとして扱うことになります。

 

家電4品目「冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン」 は大手電気ショップさんに電話すれば取りにきてくれます。

※家電4品目以外の不用品については、ここを飛ばして4番にお進みください。

 

 

家電4品目は大手家電ショップなどが窓口となります。
大手家電ショップならどこでも引き取ってくれます。

ビックカメラさんやコジマ電気さんなどです。最近では、そこで買ったかどうかは、あまり関係ないようで、どこでも引き取ってくれる傾向にあります.。

 

また、どうしても引き取りに来てくれる「大手家電ショップ」が無い場合、行政に相談すれば「所定場所」に出す方法もあります。

「家電リサイクル券」という券が発行されますので、メーカーにきちんと引き渡されたかどうか追跡が可能です。 必ず発行してもらってください。

 

 

 

 


家電ショップも無理なら


★ゴミは行政へ

 

家電4品目以外の不用品(ベッド・ソファ、食器棚、タンス、チェア、机、本棚・レンジ・掃除機・コタツなど)は、まずは市区町村(自治体)に連絡を。

 

持ち込みの場合はかなり安い金額で対応してくれる自治体もあります。

 

もちろん大物に限らず、ちょっとしたものなどなんでもOKです。

 

 

まずはすべて行政に相談しましょう。
大型ごみセンターで回収不可なゴミにつきましては、一般廃棄物の許可業者が処分してくれることになります。 家庭から出たゴミ処分は行政の仕事です。

 

不用品回収業者よりも、結局それが安いです。

 

★主要都市の不用品処分の窓口

北海道

北海道の不用品回収・処分は
札幌市役所(大型ごみ収集センター)

東京都

東京都の不用品回収・処分は
東京都環境局

愛知県

愛知県の不用品回収・処分は
名古屋市役所(粗大ごみ受付センター)

大阪府

大阪府の不用品回収・処分は
大阪市役所 粗大ごみ収集受付センター

福岡県

【福岡県】の不用品回収・処分は
福岡市役所(収集管理課)

とにかくゴミは
まず「市区町村」へ連絡を。不用品処分の最安値のポイントは「市区町村」です。

 

 

 

 


行政も無理?なら


★引越し業者は特例が

 

この青いところは飛ばして読んでも大丈夫です。

引越し時に発生する廃棄物の取り扱いについて
(環境省マニュアルより一部抜粋)5-1-3項

家庭から発生する引越廃棄物は一般廃棄物に該当し、これを第三者に引き渡して処理する場合、処理を行う者は法第7条に基づく一般廃棄物処理業の許可を必要とします

引越請負業者が一般廃棄物処理業の許可を有していない場合には、原則として、家庭から排出される引越廃棄物を引き取って運搬や処分をすることはできません

ただし、引越をする家庭の方の事情から、引越廃棄物をどうしても市町村の指示どおりに排出しがたい場合又は自ら市町村の処理施設まで運搬しがたい場合であって、引越をする者から引越請負業者に対し、[1]引越廃棄物を引越請負業者が管理する所定の場所まで運搬すること[2]引越廃棄物を所定の場所において市町村又は一般廃棄物収集運搬業者に引き渡すことの2点が書面で委任されている場合にあっては、これに従って引越廃棄物を所定の場所まで運搬することは可能です

 

要約しますと
引越し会社さんは、引越しのついでだったら一般廃棄物の許可なくてもゴミ回収していいよってことです(笑)

 

★引越し作業を依頼していないのに不用品の処分だけを依頼することはできません。引越し会社さんに「引越し作業」自体を依頼していることがポイントです。

 

買取もリユースも行政も無理だったら、引越し会社さんにお願いできます。

 

 

  • 単身引越し格安のコツ

    安い単身引越し・格安業者の選び方

  • 二人暮らし引越し格安のコツ

    新婚さん程度の格安引越し業者の選び方

  • ファミリー引越し格安のコツ

    ファミリー引越しの格安業者の選び方

  • 自分(自力引越し)応援

    自力引越しアドバイス!冷蔵庫・洗濯機

 

 


 


それでも無理なら最終手段


★不用品回収業者

 

上記した1から5の方法で
どうしても不用品処分が無理だった場合には、不用品回収業者さんに頼らざるを得ないことになります。

 

 

急な出来事もあるでしょう。
引越し業者に「引越し作業」を依頼しない人もいるでしょう。

 

日時が折り合わない場合もあるでしょう。

 

 

そんな中
連絡して早ければ30分で来てくれるような不用品回収業者さんは「料金面」だけでは語れない「現代社会にマッチしたサービス」といえるでしょう。

 

 

しかし
不用品回収業者さんには注意してください。

 

どんなに大きい会社でも「一般廃棄物処理の許可」を所持していない業者さんがあります。処分方法も怪しいです。頻繁に摘発されている現状があります。

 

 

 

不用品業者のポイント

 

引越しに伴う家庭ごみの不用品(ゴミ)処分というなら、絶対に一般廃棄物処理の許可が必要です。産業廃棄物処理の許可は関係ありません。

 

なんとなく業者っぽいから産業廃棄物の許可を振りかざす業者がありますがダメです。完全に違反(不法業者)です。

 

一般的に不用品回収業者さんは、買い取れるものは買取り、リユースできるものはリユースし、リサイクルできるものはリサイクルするわけですが、手数料がかかりますので「安い」かどうかは疑問が残ります。

 

時間の余裕がある場合、不用品業者さんに連絡するのではなく、上記しました1から5番までのフローを実践されたほうが費用の面からは断然お得なことは間違いありません。

 

どうしても時間がない・費用は気にしていないという場合においては、不用品回収業者さんに連絡することは一つの手段とは言えるでしょう。

 

しかし違法な業者が後を絶たない現状を考えますと、高いお金を払った挙句に
不法な業者を儲けさせても気分が悪いだけです。

 

出来れば5番までの流れで処分されることを当サイトでは強くおすすめしております。

 

環境省発表の通達によりますと、行政はほぼすべての不用品回収業者を違法と認識しています。一般廃棄物の許可業者ってそれほど少ないです。

★行政が認識している不法業者とは» 環境省PDFファイル

 

一般廃棄物処理の許可業者は行政に聞けば教えてもらえますので聞いてみてください。

 

 

もし一般廃棄物処理の許可業者さんで
「不用品回収」を積極的に受け入れている業者さんがありましたら、無料掲載させて頂きます。ご連絡ください。

 

 

 

 

 

お得な情報!

一覧


引越に伴う○○!

一覧