引越し見積もり無料相談室のトップ

光コラボ(代理店比較は後回しに)

プロバイダー選択が最優先事項です。

 

光コラボの代理店を比較する前に。


光コラボの代理店は、自社が勧めたいプロバイダーがあります。そのプロバイダーを勧めたいから代理店をやっているといっても言い過ぎではないとおもいます。

 

代理店数が500を超え混乱しています。

たとえば
代理店の一つであるプロバイダー事業者のOCNさん。
ここで申し込むことを「OCN光」に申し込んだ、と表現します。

もちろん回線はNTTフレッツ光のまま。プロバイダーがOCNとなります。以降の相談や問い合わせ窓口はすべてOCNとなります。

 

どこで申し込むかで損得がありますが、すべてはプロバイダーをどうするのか?そこから光コラボは見えてくるので、比較したい場合の参考にしてください。

 

★光コラボってなに?
★回線速度の違いはある?
★代理店の比較はプロバイダーを基準
★料金はプロバイダー比較すれば簡単
★すべてはプロバイダーが基準

 

このあたりをが抑えるべきポイントです。


新規代理店というのは
OCNやniftyなどの大手プロバイダー業者を始め、携帯キャリア、TUTAYAさんや商社の丸紅など、もう本当にいろいろな業界から参入が相次いでいます。500社を超えてくるようです(;´・ω・)

 

 

『 auひかり 』は


ひらがな表記からもわかりますように、NTT光コラボはまったく関係ありません。 あくまでKDDI回線の「au ひかり回線」です。

回線設備が整っている(引ける環境)であれば、絶対にauひかりさんがお勧めです。圧倒的な速度と安定感。

環境的に引けない人が多いんです。
引けない人が、しょうがなくNTT光回線を選択している場合が多いです。

 

下記広告の
NNコミュニケーションズさんの公式サイトがすべての面で安心できます。俗にいう「せこい・ずるい・いやらしい」というような、契約条件面のわかりにくさが一切ありません。

 

公式サイトじゃないところから申し込むと、プロバイダーオプションの加入が必要だったりキャッシュバックは1年後だったり。キャッシュバックの金額も初期費用が無料の分まで含めた誇大表示だったり。

 

NNコミュニケーションズ公式
↓↓↓

 

 

 

話をNTT光コラボに戻します

 

※NTT光コラボ代理店の一部抜粋(参考資料)

参加事業者一覧は➡ こちら

plala光 ソフトバンク光 so-net光
ドコモ光 BIGLOBE光 @nifty光
楽天ブロードバンド光 OCN光 エディオン光
ASAHIネット光 U-NEXT光 Marubeni光
excite光 NURO光 TSUTAYA光

 

代理店はたくさんありますがご安心ください。プロバイダーに求めることは

 

この3つだけ


もともとプロバイダー事業者がやり始めた光コラボ代理店を選ぶ
信頼
スマホとのセット割引きを利用するかどうか

この3点から考えると500も600もある代理店ですが7つほどに絞り込めます。下記参考にしてください。

 


最適な代理店は

 


 

 


NTTに直接


信頼を優先するすべての人に。
NTTはプロバイダー選択制です

プロバイダーが選択できるのは大きな利点ですが、何か問題が生じた場合、光回線(NTT)の問題なのかプロバイダー(たとえばOCN)の問題なのか、問題点の切り分けが必要となります。

プライオリティという代理店がありここは光コラボとは違います。従来からあるNTTへの取次店のようなものです。NTTに直接連絡した場合はキャンペーンなどが一切ないので、こちらを利用される方が多いようです。

 

 


OCN光


スマホとのセット割りを考えていない人。または プロバイダーをOCNにしたい人向け。プロバイダーはOCNの一択となります。

今後あらゆる相談窓口がOCNとなります。
何か問題が生じた場合に問題の切り分けは必要ありません。すべてがOCN経由となります。もちろん回線はNTT光回線です。

 

 


So-net光


auユーザー向け。
またはプロバイダーをソネットにしたい人向け。プロバイダーはSo-netの一択となります

auスマホとのセット割りはたいへん魅力です。

今後あらゆる相談窓口がソネットとなります。
何か問題が生じた場合に問題の切り分けは必要ありません。すべてがソネット経由となります。もちろん回線はNTT光回線です。

※ただしauユーザーさんはKDDIの「auひかり」に申し込める環境があるなら、断然「auひかり」をおすすめします。auひかりに申し込みたいけど申し込めない環境の人がNTT光回線に申し込む感じです。

 

 

 


SoftBank光


ソフトバンクユーザー向け。
またはプロバイダーをソフトバンク(yahooBB)にしたい人向け。プロバイダーはソフトバンク一択となります

ソフトバンクスマホとのセット割りはたいへん魅力です。

今後あらゆる相談窓口がソフトバンクとなります。
何か問題が生じた場合に問題の切り分けは必要ありません。すべてがソフトバンク経由となります。もちろん回線はNTT光回線です。

 

 


docomo光


ドコモユーザー向け。
またはプロバイダーを選択したい人向け。携帯3キャリアのなかではドコモさんだけがプロバイダーを選択可能です。たいへん魅力的なサービスです

ドコモスマホとのセット割りも魅力的です。

選択プロバイダーの中にdocomo-netというプロバイダーがあり、それを選択した場合のみ、今後のあらゆる相談窓口がドコモで完結します。何か問題が生じた場合に問題の切り分けは必要ありません。すべてがドコモ経由となります。もちろん回線はNTT光回線です。

しかし選択制で違うプロバイダーを選択した場合は、プロバイダーの問題はプロバイダーに問い合わせる必要がありますのでご注意ください。

 

 


BBexcite光


スマホとのセット割りを考えていない人。
プロバイダーをBBexciteにしたい人。または短期の可能性がある人

スマホとのセット割りを利用しない場合の最安値クラスです。ぶっちぎりで安いです。スマホとセット割りを利用する気がない・価格優先・プロバイダーはどこでもいいなどの場合はBBexcite光さん一択ではないでしょうか。

また契約の縛りが一切ないのが特徴です。短期の予定があるかたにも嬉しいサービスといえます。

 

 


WiMAX


自宅に固定で回線は必要ないひと。
自宅でも外出先でもスマホの容量を気にしたくない人向け

WiMAXの代理店はたくさんありますが料金が本当にわかりにくいです。キャッシュバックが多かったら月々が高くなっていたり。結局のところどこで申し込んでも大差ないです。

auユーザーさんはどこのWiMAX代理店で申し込まれても月々割があります。

有名なソネットさんだけ紹介しておきます。

 

 


回線速度について注意点

 

代理店とプロバイダーの違いは
ご理解いただけたでしょうか?そこがあやふやだと誤解が生じるので少しだけ補足します。

 

NTT光回線という商品は1つしかありません。
NTTのものです。その商品を代理店が代理販売しているというのが光コラボです。どの代理店で申し込んでもNTT光回線はただ一つです。つまり代理店による「回線速度の違い」はありません。

 

でもプロバイダーによる回線速度はあります。
その代理店がどこのプロバイダーを使っているのか。そこが速度に関しては大切なことです。うえで紹介したサイトはすべて安心できるところです。500-600も代理店があるので、中には地方限定の聞いたことがないようなプロバイダーも多数あります。

 

※プロバイダー事業者がやり始めた光コラボ代理店は、当然ですが自分の会社のプロバイダーしか選択できないようになっています。

 

NTT光回線というのは
目的地に達するまでの「高速道路」です。主となる部分。プロバイダーは高速道路に乗るまでの下道を提供しています。高速道路が空いていても下道が混むこともあります。それで遅くなります。

でもどんな下道を持っているのか。道路幅は?信号は?交通量は?そういうことを一切公表しないのがプロバイダーです。

 

例えばOCNは
NTTの子会社なのでもちろんすごい下道を持っています。しかし混み合えば遅くなる。

 

聞いたことがないようなプロバイダーは
空いていると思いますが、パンクしたときは最悪です。規模が小さいので復旧に時間がかかります。一長一短。上記しました7つは有名どころなので、あまり気にせずに利用したほうがよいとおもいます(^^)/

プロバイダー事業者の規模比較はこちら

 

 

 

 

楽しい引越しを(^^)/

 

  • 単身引越し格安のコツ

    安い単身引越し・格安業者の選び方

  • 二人暮らし引越し格安のコツ

    新婚さん程度の格安引越し業者の選び方

  • ファミリー引越し格安のコツ

    ファミリー引越しの格安業者の選び方

  • 自分(自力引越し)応援

    自力引越しアドバイス!冷蔵庫・洗濯機


お得な情報!

一覧


引越に伴う○○!

一覧